ホーム製品案内産業機械単板切断機

単板切断機 KYN-950

製品紹介ビデオ pdfカタログ
単板切断機とは

複数枚積層した薄板材(フローリング用化粧単板等)の外周を、効率良く精度に優れるサイジング加工が可能な装置です。

薄板材をセット可能なガイド機構、クランプ機構、サイジング加工可能な複数(二方向、各二枚)の刃物ユニットを設け、一回のクランプで外周(四面)のサイジング加工を行います。


単板切断機 化粧単板
単板切断機の用途

フローリング用化粧単板。その他各種材質、品目の複数枚積層した薄板材。

当社の単板切断機が選ばれている理由

一般的に、店舗及び住宅用の合板フローリング(床材)は、合板又は硬質繊維板等の基材に薄化粧単板を接着して製造されています。 日本の住宅用フローリングには、厚さ0.2~0.6mm程度の化粧単板を使用する事が多く、積層してシャーリングにてサイジング加工を行っているのが一般的ですが、近年、店舗及び高級品用として厚さ1~6mm程度の化粧単板を使用する事が多くなってきました。 しかし従来の加工方法では『反り』『歪』等の影響が大きく、サイジング精度の維持が困難になってきました。

床板

フローリング用化粧単板等、複数枚を並べて使用される薄板材は、各板材を並べた状態で隙間が開かないサイジング精度(角度、寸法)が要求されます。 当社の単板切断機は、複数枚積層した薄板材を一回のクランプ(拘束・固定)でサイジング加工する事により、精度に優れる製品を効率良く得る事が可能となっています。

日本初!特許取得済

特徴
高精度切断

一回のクランプで4面を切断することにより高精度な切断が可能。

クランプ

油圧シリンダによる強力なクランプ。
ワークの反りも矯正して切断が可能。

タッチパネル

切断寸法自動位置決め装置搭載。
「幅」→「長さ」、「長さ」→「幅」 切断順序の選択が可能。
タッチパネルによる分かりやすいインターフェース。
ワークをセット後、ボタンを押すだけの簡単操作。

主軸モータ

主軸モータは、インバータにより制御。
刃物急速停止により安全な作業が可能。

切屑排出ベルト

底部のベルトにより切屑をスムーズに排出。

左右大型扉

機械を覆う全体カバーにより切屑飛散を防止。

左右大型扉により優れたメンテナンス性。

機械仕様
切断可能 幅寸法 50~100mm
切断可能 長さ寸法 200~950mm
切断可能 厚さ寸法 50~60mm
サイクルタイム 約26秒(50Hz)
約22秒(60Hz)
切断寸法(主軸位置)調整 自動設定

※切断寸法は、ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせ下さい。

※外観・仕様等予告なく変更する場合があります。